花の人、花の場所。

花-1

photo 1|2|3|

HARRY(ハリィ)さんの活け花に遭遇した。

花は、命は、留まることがない。
その留まることの無い、花を撮る、撮りたいとう思いは、一体どこから来るのだろう?
その留まることの無いものを留める行為は、一体なんなのだろう。

ハリィさんの花を撮るとき、その事と向き合う必要に迫られ、しばし考え込む。
花に聞いてみたりなどするが、自分へとその問いは返ってくるばかりだ。

撮った瞬間から、その映り込んだ花は、今(現在)から切り離され、
そこに有った一瞬として、私の手の届かない場所へと不可逆に断絶されてゆく。
手元に残った写真に触れても、その瞬間へと戻ることは決して出来ない。
むしろ、そのことを確認するかのように、それを覗き込む。

その過ぎ去ってゆく一瞬一瞬が、まばたきの様に繰り返されゆくだけだった。

しかし、それはまた、同時に目の前に現われる、未知へと再び向かい合うことでもある。
未知へ向う為に、シャッターを切る。
そしてそれは、過ぎ去って行く一瞬の向こう側に、奇跡のように現われては消えて行く。

花がそんなことを、そっと教えてくれた。

comment

brooklyn bugさん、こんばんは。

花はいいですよね。
今度は光の花を探してみたいと思います。
上手く、見つけられるかなぁ、、。

見つけたらお知らせしますね。。

水色 さん

コンバンハのオハヨウゴザイマス☆

お花、発見☆
うん!ほんとですね。
おはな、ゆら~っとこぼれ落ちそうな素敵がそこに、、、
手を出してすくいたくなるような、、、
心臓の周りがじわぁ~っと。
そして横揺れにゆさぶられています。

素敵な一瞬☆
アリガトウ。



comment fome

管理者にだけ表示を許可する

track back

Powered by FC2 Blog
Copyright © mizuiro design Inc. All Rights Reserved.
GraphicWebArtGUIDesign