アーティストファイル2009

アーティストファイル2009

国立新美術館で開催中の「アーティストファイル2009」を見に行ってきました。

美術館の表の木々には、葉のかわりに、光に反応して赤く染まる素材を用いた平川滋子さんの
インスタレーションが展示されていました。(上の写真が野外のその木です)

今回、いちばんのお目当て、金田実生さんの作品は、
ブースに一歩足を踏み入れると、そこにはなんともやわらかな気配が立ち込めています。
上質の布に触れたときに指先が心地よいように、見ているだけで視覚が喜んでいる感じです。
新作も3点ほど展示されていました。

また、ナフタレンを使った作品で独自の世界を作っている宮永愛子さんの作品は、繊細ながらも
強い意志を感じる様な強烈な存在感があります。
ナフタレンの作品群と合わせて陶器を用いたインスタレーションが構成されていて、
根気よく静かに耳をかたむけると、時折、貫入の入る音が微かに小さく響いていました。

ペーター・ボーゲルス氏(Peter BOGERS)の作品は今回、初めて見たのですが、
「共有された瞬間」というビデオ作品を、たまたまじっくり見てみようという気分になり、
しばらく腰を据えて見てみたところ、これがとても素晴らしい作品でした。
すべての人の個別性の中に世界がある事や、過ぎていってしまう一瞬の事や、出会う事のない人々の事、たまたま、隣り合わせてこの作品を目撃している見知らぬ人の事など、
いまこの瞬間も繋がりつつ断絶された、世界と他者と私の関係性を「ほらね。」と提示された様な気がしました。

と、内容のとても充実した展示で、足を運んで良かったです。

ブログランキングに参加しています。
気に入っていただけたら、下の青いボタンをクリックして頂けると嬉しいです。


アーティストファイル2009 
2009年3月4日(水)~ 5月6日(水)
出品者:ペーター・ボーゲルス、平川滋子、石川直樹、金田実生、宮永愛子、村井進吾、大平實、齋藤芽生、津上みゆき

comment

comment fome

管理者にだけ表示を許可する

track back

Powered by FC2 Blog
Copyright © mizuiro design Inc. All Rights Reserved.
GraphicWebArtGUIDesign