光のかけら

光のかけら

ばらばらになった 風景が、午後の光に 注がれる
分散する 光のかけらが 空中をゆっくりと 漂い、
手の平の上に 降り積もる。

きらめく光に 耳をすましてみると、
網膜の裏側で 乱反射する光の音が かすかに
聴こえてくるようだった。

いつまでも繰り返される 静かな呼吸の中にも、
発せられた ことばの間にも、午睡の隙間にも、
光のかけらは、小さな傷のように織り込まれ、
風景との境界は、しだいに曖昧になって行く。

そして、いつか、ばらばらになった 風景が 
あなたの 記憶の中で結ばれるようにと、

そっと 小さく目を閉じる。

comment

こちらこそ、いつも見て頂いて
ありがとうございます。

丁度、今記事の為に写真を選んだりしているところです。
今夜、アップできるかなぁ、、という感じです。
まぁ、のんびりゆきます。
水色 さん

コンバンハのコンニチハ☆
素敵を頂戴しにまいりました、、、

いつもアリガトウ。
真っ直ぐなお言葉、
ありがとうございます。

磨りガラスが好きなんです ^_^
特に、年期の入ったのがいいですね。
台所のコップやなにが並んでいるのを
外から見るも、またいいんですよ。。
水色さん

素敵、好きデス、
響いています。

気持ちいいドキドキ。

アリガトウ☆
satoruさん
いつも見て頂いていて、ありがとうございます。
satoruさんの毎日更新には、全然及びませんが、
更新頻度を少し多くして、やや、頑張っております!

そうなんですよね~。
本にできたらいいなぁと思います。

satoruさんの方は、新作完成ですね!お疲れさまでした。。
最近ブログの更新回数が増えていて、覗きにくるのが大変楽しみです。

毎回、文章も写真も趣があって水色さんの世界を感じます。
本にまとめたら、ちゃんとした写真集が出来そうな気がします。

comment fome

管理者にだけ表示を許可する

track back

Powered by FC2 Blog
Copyright © mizuiro design Inc. All Rights Reserved.
GraphicWebArtGUIDesign