小さな、おもてなし。

桃の花

家の近くに、感じの良い、小さなカフェを見つけました。
駅へ向うのと反対側だったので、すぐ近くに出来た事に半年ほど気がつきませんでした。
店内のスペースの半分は、かわいい手作りの雑貨が展示販売さています。

テーブルの上には、竹に切れ込みを入れた簡素な手作りの花器に、桃の花がさりげなく
季節の移り変わりを告げていました。
どこか、素朴な花器の仕上がりが、手のぬくもりと作ることを楽しんだ痕跡を窺わせています。
また、そのさりげない心遣いに、お店の方の人柄が現れているように思いました。

デザインの業界でも(特にWEBにおいて)、ホスピタリティ(おもてなし)ということが良く言われていますが、数字やマーケティングや販売促進の上に成り立った「おもてなし」の中に果たして、
本来の心遣いの「こころ」の部分は抜け落ちてしまってはいないのだろうか?
日本の伝統文化(茶の湯や能など)の引用をスタイリッシュに活用する中に果たして、
人としての大切な何かを何処かに忘れて来てしまってはいないか?
仕上がりの見栄えばかりに気をとられて、作る過程の中にある喜びを、ないがしろにしてはいないだろうか?

何ひとつとして「俺様を見ろ」的なところのない、小さな小さな手仕事が、
そんなことを、わたしに静かに語りかけて来ました。

comment

猫、来てくれるといいなぁ。。
来たら、煮干しをごちそうします、絶対に。
猫ちゃん、そのうち、暖かい日にひょっこり現れるのでは?
だってすごく気持ちよさそうだったもん。
へちまさん、こんばんは。
そんな風に写真を見てもらえて、うれしいです ^_^/

近所に落ち着けるカフェがあるのは、いいですよね。
しかも、地元価格でとてもリーズナブルなんですよ。

そちらは猫の記事でしたね。
こちらは、最近、猫、来ないんですよね、
煮干しでもあげればよかった、、。
とても写真がきれいで、何度もおじゃまさせてもらっては
ほわーっと見入ってしまってます。
心が春色に染まります。

こんな素敵なカフェには
休日ごとに足を運びたくなりますね。

Kano-nさんへ
コメント有り難うございます。
時々、見ていただけているなんて嬉しいです。

誰かに気づいてもらう為でもなく、そっとそこに差し出された、
あたたかさや、やさしさは、なんとも美しいものですね。
最近、花の写真が多いのですが、花を通して気づくことが多かったりします。
わたしも、そんな事がさらりと出来るようになりたいなぁ、、、。

店チョーさんへ
そうか、お店では販売促進は死活問題だものね、、
なにをどう並べるかで、人の流れや売れ行きに直結するんだね。
そんな、百戦錬磨の店チョーさんの参考になったら良かったです。
「骨馬」ね、、懐かしいので、こんど掲載してみようかなぁ、、。
でも、文章を書くのってなかなか大変ですねぇ~。
店チョーは良く毎日欠かさずにつづけているなぁ。。
時々お邪魔させてもらっております。
なにか温かなもの、さりげない気持ち・・・
私もいつもそんなものを求めているような気がします。
そして自分自身も、そんなふうにさりげなく温かくありたいと思うひとりです。
そうだよね、どうしても販売促進に力を入れると「俺様を見ろ」になりがちですね。「俺様を見ろ」というわりには中身がなかったりしてね。順番が狂ってしまうもの。
今回の記事はなかなか参考になりました。
「骨馬」以来の名文ではないでしょうか。

comment fome

管理者にだけ表示を許可する

track back

Powered by FC2 Blog
Copyright © mizuiro design Inc. All Rights Reserved.
GraphicWebArtGUIDesign