大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ:ボルタンスキー+カルマン 「 最後の教室 」

最後の教室_1

photo 1| 2| 3| 4| 5| 6| 7| 8| 9

越後湯沢への旅行がてら、越後妻有アートトリエンナーレ2009 に1日だけ足を運びました。
平日の為、シャトルバスなどの足がないので、ツアー(南回りコース2)に参加して来ました。
ツアーは思っていた以上に沢山の作品を見学する為に、慌ただしい一日となりましたが、
お目当てのボルタンスキー「最後の教室」は、比較的ゆっくりと見ることが出来ました。

山間の道を行くと、坂の下に現れた旧東川小学校は、まさに廃墟という言葉が似つかわしい佇まいで、
中に展示されている作品を、その外観からも暗示しているかのようです。
体育館への入口を抜けると、藁の香りが立ちこめる中に、ベンチの上で沢山の扇風機が宙を仰ぎ
目的を失ったかのように空中に向かって風を送っていました。
薄暗い中、壁面一杯に映る虚ろな光、宙づりの電球。
かつてそこに居たであろう子供達が、風を巻き起こして走り抜けていた場所。
どこか、牧歌的な雰囲気を漂わせたノスタルジックな空間は、奥の通路から様子を一変させ始めます。

子供たちの居なくなった空間に残された夢と記憶。
「人間の不在」をテーマにした クリスチャン・ボルタンスキーとジャン・カルマンによる
旧小学校全体を使用した壮大なインスタレーション。

アクセスの悪い場所にあるので、行くのは大変ですが、一見の価値があると思います。

大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2009 9/13まで開催中
秋にもまた小規模なアートイベントがあるそうです(詳細は不明)

追記:バスツアーのボランティア「こへび隊」のガイドさんがとても丁寧に案内をしてくれました。(ありがとうございました。。)

comment

y_and_r_dさん、こんにちは。
「深層心理に訴えかけてくるような」とは上手い表現ですね。。
本当にそんな感じです。

はいl、十日町の駅からもなかなか遠かったですね。
秋にも小さなイベント期間があってそこでも見られると思います。
(たしか、ずっと設置される作品だったかと思います。)

タレルの「光の館」にも泊まってみたいものですね。
こんにちは。
ボルタンスキーの深層心理に訴えかけてくるような作品
最近見てないので
一度行ってみたいのですが・・・遠いな~。
くまゴローさん
瀬戸内国際芸術祭ゆきたいです~!!
行くときは宜しくお願いしまぁす。。

natsukoさん
昔のモニュメントのシリーズが凄く印象にありました。
テーマは、とても重いんですよね、
胃の辺りが、ギュ~ッとしてきますね、、。
クリスチャン・ボルタンスキー!
スキです。
最近ぜんぜんチェックしてなかったけど・・・。
やっぱ、素敵ですね。
来年は瀬戸内国際芸術祭だよ~~ん。

comment fome

管理者にだけ表示を許可する

track back

Powered by FC2 Blog
Copyright © mizuiro design Inc. All Rights Reserved.
GraphicWebArtGUIDesign