かすかな輪郭

夜の輪郭

遠い惑星からの わずかな光が、かすかに 君の輪郭を留めている
わずかな光は、闇に紛れた川へと小さく落ちて、遠く海へと流れ着く

明かりを消した夜の中で、空に手をかざしてみると、
だれもいなくなった街に 輪郭の無い影が落ちる

光をすくって、巻き上がる風に、粒子の渦が生まれ、
君は遠い空に、小さな無数の銀河が生まれる瞬間を垣間みる

かすかな輪郭は、次第に夜の輪郭へと移り変わり、
いまでは、もうその見分けは ほとんどつかなくなってしまった。

わずかな光もいつしか、眠りに着くように、海底へと沈んで行く

そして、音も無く 過ぎて行く、この瞬間の中に 遠く鼓笛の音が
幻のように浮かんでいた。

comment

y_and_r_dさん
コメントありがとうございます ^_^
写真だと、外と中の区別がより曖昧になりますね。

曖昧な空間。

良い、ヒントを頂きました。。

こんにちは。
外と中が交錯する不思議な空間ですね!
へちまさん、こんにちは。

感覚のはしっこの方に興味があるんです
見ているのに、見えないことにや
触れているのに、気づかないことなどに、、。
いままで、見えなかったことを
ふとした瞬間に捉えることが出来た時は
とても、嬉しいです。。

それは、すべり台猫を発見する喜びと
きっと、まったく同じなんです。
すべり台猫の方がびっくりするという違いはありますが、、

ちゃんと本になると、いいなぁ。。
水色さんの写真を見ていると
誰もが見過ごしそうな日常を
いつもさりげなく切り取られるているなぁと感じます。

一瞬一瞬、ささやかな出来事を大切にしておられる
水色さんの心が映し出されています。

私も見習いたいです。

本になるのが楽しみ。。。

このコメントは管理人のみ閲覧できます
brooklyn bugさん、こんばんは。。

雫の夜に、よばれるのは、流れ着く先は、
何処なのでしょうか。。
こぼれて行くは夢なのでしょうか?
それとも記憶でしょうか?


水色さん

コンバンハのコンニチハ☆
すてきな雫、
どこまでもつづいて行きそうです。
気持ちがいいです。

素敵いっぱい集まってそして流れだしていそう、
よばれるように、

ここちいい空間アリガトウ☆

comment fome

管理者にだけ表示を許可する

track back

Powered by FC2 Blog
Copyright © mizuiro design Inc. All Rights Reserved.
GraphicWebArtGUIDesign