大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ:ボルタンスキー+カルマン 「 最後の教室 」

最後の教室_1

photo 1| 2| 3| 4| 5| 6| 7| 8| 9

越後湯沢への旅行がてら、越後妻有アートトリエンナーレ2009 に1日だけ足を運びました。
平日の為、シャトルバスなどの足がないので、ツアー(南回りコース2)に参加して来ました。
ツアーは思っていた以上に沢山の作品を見学する為に、慌ただしい一日となりましたが、
お目当てのボルタンスキー「最後の教室」は、比較的ゆっくりと見ることが出来ました。

山間の道を行くと、坂の下に現れた旧東川小学校は、まさに廃墟という言葉が似つかわしい佇まいで、
中に展示されている作品を、その外観からも暗示しているかのようです。
体育館への入口を抜けると、藁の香りが立ちこめる中に、ベンチの上で沢山の扇風機が宙を仰ぎ
目的を失ったかのように空中に向かって風を送っていました。
薄暗い中、壁面一杯に映る虚ろな光、宙づりの電球。
かつてそこに居たであろう子供達が、風を巻き起こして走り抜けていた場所。
どこか、牧歌的な雰囲気を漂わせたノスタルジックな空間は、奥の通路から様子を一変させ始めます。

子供たちの居なくなった空間に残された夢と記憶。
「人間の不在」をテーマにした クリスチャン・ボルタンスキーとジャン・カルマンによる
旧小学校全体を使用した壮大なインスタレーション。

アクセスの悪い場所にあるので、行くのは大変ですが、一見の価値があると思います。

大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2009 9/13まで開催中
秋にもまた小規模なアートイベントがあるそうです(詳細は不明)

追記:バスツアーのボランティア「こへび隊」のガイドさんがとても丁寧に案内をしてくれました。(ありがとうございました。。)

小さきものたち

小さきものたち_1

photo 1| 2| 3| 4

人は大きなものを前にした時に感動する。海の真ん中で水平線が360度ぐるりと繋がった時、
グランドキャニオンの雄大な風景を前にした時、万里の長城を前にした時。
しかし、万里の長城の大きさだけに感動している訳ではない、大きなものが小さいものによって
積み上げられたことにこそ、より大きな感動があるように思う。
また、宇宙の大きさだけに無限を感じている訳ではない。その大きさに対して、自身の小ささに
想いが至った時に、その対比におののくのではないだろうか?

分かりやすさの背後へと押しやられてしまった、密やかな何か
言語によって切り捨てられてしまった、言葉にならない感覚
技術によって忘れ去られてしまった、情報化されないものたち

大切なものは、大きなものによって隠された小さなものの中にこそある。
かそけきもの、見えないもの、隠されたもの、掴めないもの、私達の存在の様にはかないもの。
その様な小さなものの中にこそ、かけがえのない何かは宿っているのではないでしょうか?

また、その様な、小ささそものを見つめてみたいと思うのです。

積層する光



「積層する光」

目に映る小さな風景
積層する光で かたち作られた世界は
手のひらの上で ばらばらとなり
光の粒子へと還元される

そのとき 「わたし」も「あなた」も区別なく
光の中であらゆる存在は ひとつとなる


前回のイベント 22Claritas 第2回「Stone」の為に作成した映像作品を
10分のショートバージョン(サウンド付)で作成しました。

水色デザインでは、今後も「光」をテーマにした映像作品を作って行きます。

Powered by FC2 Blog
Copyright © mizuiro design Inc. All Rights Reserved.
GraphicWebArtGUIDesign