書体散策の記事一覧

書体散策:CaslonとCaslon

Caslon

書体散策シリーズの2回目はCaslonを取り上げてみたいと思います。
書体についての文献を調べるのがなかなか大変なので、随分と間が空いてしまいました。

先日、エキュート立川にあるベーカリー・カフェ Caslonに行って来ました。
こちらのお店のCIなどのデザインはDRAFTが手がけていて、とても素敵です。
そして、お店名前の「Caslon」のロゴには、もちろん Caslon の書体が使われています。
Caslonには随分と沢山の書体がありますが、こちらは Caslon 540 を使用しているようです。

Caslonはイギリスの代表的な書体の一つで、
1772 年にWilliam Caslon(ウィリアム・カスロン)が「Caslon old face」をデザインしています。
ベネチアンスタイルのローマン体を母体にした書体でオールドスタイル・ローマン体に分類されます。
オールドスタイル・ローマン体は、15世紀~17世紀にかけて作られた、手書きの特徴が残った優雅で風格のある品位を感じる書体です。
他にオールドスタイル系では、GaramondやCentury Old Styleなどがあります。

元々、Caslonという名は書体に付いていなかったそうですが、後世に作者の名前を冠したようです。
そして、そのオリジナルの金属活字を元に色々なCaslonと名前の付いた書体が作られて来ました。
Caslon 540 もその様な書体の一つで1902年にAmerican Type Founders社というアメリカの会社で作られた見出し用の書体です。同じく見出し用書体の Big Caslon よりも洗練された感じがしますね。
ファッション紙などで良く使われているようですので、目にする機会も多いかと思います。
自分の覚え書きの様な文章になってしまいましたが、書体についての物語を知ることで、文字に対しての扱いをもっと丁寧にして行かなければいけないなぁと思ったりしています。

そして、ベーカリー・カフェ Caslon に話を戻しますが、パンは天然酵母なのにとってもフカフカで、酸味も無くとても美味しいです。書体にちなんでいるわけでは無いのですが、イギリスパンがおすすめです。


もし気に入っていただけたら、下の青いボタンをクリックして頂けると嬉しいです。

書体散策:Bodoni ボドニ

Bodoni

書体(タイプフェイス)の世界はあまりにも深いので、私に何が書けるのかはまったく自信がありませんが、勉強も兼ねて少し触れてみようと思います。

どこに居ても、目の端に文字が入ってこないことがないくらいに、
文字は私たちの生活の随所に溢れています。
しかし、文字で書かれた意味や内容について考える事はあっても、文字自体について考える機会は意外と少ないのではないかと思います。
私もデザインの仕事に携わっていながら、つい文字の前を通り過ぎてしまいます。
自分も反省する部分が多いのですが、その原因の一つには文字(活字)を扱うことが当たり前になりすぎて、文字の扱いが少々おろそかになってしまっているのではないかと思います。
つまり、文字に対する愛情が足りないのではないかと、、実際に心に届く文字に出会うことは少ないですね。

今回取り上げるのは、みなとみらい線の馬車道駅の駅名標(柱用)。
書体はモダン・ローマン体の代表格でイタリアではなじみ深い「 Bodoni(ボドニ)」ではないかと思います。(違っていたらごめんなさい、今回はボドニの記事ということで、、。)
ボドニと言っても沢山の書体があるので、どの書体かちょっと分からないですが、
小文字のaのはねが、Monotype Bodoni Book に感じが似ています。

モダン・ローマン体は直線的なヘアラインセリフと力強い垂直の線(ステム)とのコントラストが美しい、18世紀中頃~19世紀初頭に全盛期を迎えた書体様式です。
Bodoniはイタリアの活字製造者ジャンバッティスタ・ボドニによって19世紀初頭に作られました。
オリジナルのBodoniはセリフが完全な直線ではなく、オールド・ローマン体に近い雰囲気を漂わせています。

ちなみに、みなとみらい線の駅名標は駅ごとに書体を変えている様です。


気に入っていただけたら、下の青いボタンをクリックして頂けると嬉しいです。

Powered by FC2 Blog
Copyright © mizuiro design Inc. All Rights Reserved.
GraphicWebArtGUIDesign