沈丁花:感覚の深淵を嗅ぐ

感覚の深淵

沈丁花の花が咲いた。一年ぶりに香るその花。

どんな香りだったかイメージしてみたものの、実際のその奥行きの深さに改めて驚かされる。
香りは花からやって来るはずなのに、まるで意識の深いところから立ち上がる様にそれは香って来た。
意識の中にある「香り」と現実の「香り」が一年ぶりに再会する瞬間がこの季節に巡って来るのだ。
一年という時間の中でイメージと現実のマッチングにズレが生まれ、そのズレの大きさに心が震えたのだろうか?
その香りはいつも決まって不意打ちの様に、意識を超えて何処か遠くから漂ってくる。

確かこんな香りだろうと想像してみると、鼻孔の奥の方で微かに沈丁花の香りが漂うような気がする。
いや、微かではあるけれど確かにふんわりと香りが漂う。
幻の様に、意識の中で生成された香りが鼻孔の奥の嗅覚受容器まで逆流してくるような感じがする。

「嗅ぐ」ということも「見る」ということも、実は目の前の感覚刺激のみで完結している訳ではない。記憶や意味の下支えがなければ、それが良い香りなのか、嫌いなのかすら分からない。今、触れている事象そのものを超えて、意識の中からあるいは意識以前の深淵から「香り」が立ち上がるのだ。
また、そのような意味において私たちの感覚は自分自身の経験のみで出来上がっている訳ではない。40億年という長い長い時間の中で先天的に刻まれてきた蓄積が ー 今まさに咲かんとする花の芳しい香りが、「私」という小さな意識体験を遥かに超えた生命記憶として ー 奇跡のように結実する。

つまり「私」が出会い感じる事象は奇跡の連続の上に成り立っているとも言える。
この瞬間に感じる感覚の中に、生命の起源として活動を始めた細胞の記憶が含まれていても不思議はないのではないか? 降り注ぐ太陽の光や熱に、そよぐ風の感触や、ふと感じる懐かしさの中に、それらは遍在している様に思えるのだ。

そのようなことを感じた時、ベルクソンのいう「薔薇の匂いを嗅いで過去を回想する場合には、薔薇の匂いが与えられたことによって過去のことが連想されるのではない。過去の回想を薔薇の匂いのうちにかぐのである。」という言葉が腑に落ちる気がした。
沈丁花の香りを通して意識の深淵に眠る何かが、その内から生成されるようにして香るのだ。

香りの中に感じるある感慨が「私」という限定された経験の外にもあるのだとしたなら、
「私」と「あなた」は同じ感慨を知らず知らずの内に共有していることになる。
では「私」と「あなた」を隔てているもの何か?
生命記憶という深淵において「あなた」と「私」は確実にどこかで繋がっている。
そして、その隔たりは、ほんの僅かなものに過ぎないのではないかと思うのです。


一年ぶりに香るその花が、言葉の代わりに「香り」通して告げたのは、そのようなことだったように感じたのです。また、生命の起源から捉えれば、「あなた」も「私」も「沈丁花」も大した違いはないよ、と言っているようにも思えるのです。


関連記事:「沈丁花の香りの中で。」 
関連記事:「薔薇の香りと記憶」

薔薇の香りと記憶

薔薇の香りと記憶

「薔薇の匂いを嗅いで過去を回想する場合には、薔薇の匂いが与えられたことによって過去のことが
 連想されるのではない。過去の回想を薔薇の匂いのうちにかぐのである。」

とアンリ・ベルクソンは言っている。
なんとも詩的で、ドキッとするような言い回しだろうか。
ニュアンスとして納得はするが、「過去の回想を薔薇の匂いのうちにかぐ」とは一体どういう事なのだろう?

誰しも、ある「匂い」を嗅ぐと特定の「記憶」が想起されるという経験があると思う。
その様なことに対して、それは脳の仕組み上「匂い」を感じる回路と「記憶」の回路が隣接している為に「匂い」と「記憶」の関係性が強い結びつきを持っていると言う事を「知識」としては知っている。
メカニズムとして知らなくても、「あぁ、そういう事あるね。」と納得はするのではないだろうか。

しかし、その知っているという「知識」や「了解」が、本来の「匂いを嗅ぐ」とう事の可能性を
閉じてしまってはいないだろうか? 事実、わたしがこの言葉にドキッとさせられたのは、そのことだった。
自分の中で、「匂いを嗅ぐ」とう事の可能性がどれほど限定されてしまっているかを痛感させられ、
なにも「見ていない」自分をそこに発見することになる。
もちろん、ベルクソンと自分とを比較するのはなんとも無茶なことだけれど、
「匂いを嗅ぐ」という行為においては、そこに差があるわけではないだろう。

そして、その言葉の中になんとも甘い「知」の香りを感じて、思わずため息をつくのでした。

金木犀:香りが運ぶもの

金木犀

このところ、いつもの道を歩いていると、どこからともなく金木犀の香りが漂ってくる。
本格的な秋の到来を告げるその香りの中に、かすかに胸を締め付ける切なさを含んでいる様に感じる。
中学校の校庭に咲いていた金木犀の香りとシンクロして、その頃に感じていた気持ちが、ふと蘇るのだ。
そのように香りは、感情や記憶を鮮明に蘇らせることがある。
それは、脳の中で嗅覚を知覚する部分と感情や記憶を司る部分とが隣接して居る事に由来している。
つまり、香りが記憶や感情の回路とダイレクトに繋がっているということらしい。

また、何かの香りに惹き付けられながらも、同時にどこか切ない感情が立ち上るのは、
香りというものは留めておく事が出来ずに、僅かな時間の経過とともに
空中へと儚く消えていってしまうからではないかと思う。
そして、私たちの存在も、香りの様に留める事が出来ない時間の中に存在しているからではないか?

留まる事のない、私たちの存在そのものが、一回性の持つアウラの輝きに満ち溢れている。
香りが感情や記憶の回路と密接に結びついている背後において、
その様なことを、秘かに、そっと、私たちに伝えているような気がしてならない。

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © mizuiro design Inc. All Rights Reserved.
GraphicWebArtGUIDesign