スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いまは、むかしむかし。

夜道

帰り道。
ふと、空を見上げると、金星が夜空に針の先くらいの穴を開けている。
なんだか、とてもドキッとした。
金星が太陽の光を受けて、宇宙空間の中にうかんでいるのではなく、
あ、これは針で開けた穴だと、ついうっかり思ってしまった。
そこに、無限の空間が広がっている事を忘れて歩いて居る間に、地上は回転を止め、太陽が地球の周りを回り始める。
昔の人が月や星を空に開いた穴だと思ったのも、実感として自然なことだったのだろうと思う。

コペルニクスの「天球の回転について」から465年、
私たちは宇宙空間の片隅に浮かぶ自分の存在を、何処まで真摯に受け止める事が出来たのだろう?
また、知識として知ることで失われてしまった想像の中に、なにか大切なものが含まれてはいなかったのだろうか?
そして、未知なるものに対する寛容さを失わずに、世界と向き合うことができているのだろうか?
スポンサーサイト

地上1センチメートルの宇宙

夜空

夜、ビルの谷間を歩いていて、ふと頭上を仰ぎ見るとそこには夜空が広がっている。
改めてじっくり見上げてみると、何一つ遮るものもなく、ここから宇宙空間へと繋がっている。
頭上には無限に広がる空間がぽっかりと口をあけている。
無限の中に私が吸い込まれてしまわないのが不思議なくらいに思えてくる。
そして、足元を見れば地面は地球そのもので、地球の上に立っている私を発見する。

それらはしごく当たり前のことなのだけれど、ちょっと意識の傾けた方をかえると、
見慣れた夜空も地面もそびえ立つビルも街を照らす明かりも行き交う人々も
何処か見知らぬ惑星の上の出来事のような気がしてくる。

地球の上に立って、宇宙空間の下に居ることを忘れないでいようと思った。

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © mizuiro design Inc. All Rights Reserved.
GraphicWebArtGUIDesign
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。